若貴兄弟:1年ぶり対面も会話なし(スポニチ2006年5月29日)

故二子山親方(元大関・貴ノ花、享年55歳)の一周忌法要が28日、東京都杉並区の天桂寺で営まれた。長男の花田勝氏(35=元横綱・3代目若乃花、タレント)、二男の貴乃花親方(33=元横綱・貴乃花)ら親族が参列。兄弟の確執で大きく世間を騒がせた2人が約1年ぶりに顔を合わせた。
参列者によれば両者が言葉を交わすことはなかった。深すぎる両者間の溝はいまだに埋まっていないが、小さな変化はあった。昨年7月の納骨式では法要後の会食に出席せず、部屋で会見して兄への不信を語った貴乃花親方が、今回は景子夫人と食事の輪に加わった。ある親族は「あれだけの時間、一緒にいたってことは1年前とは変わってきたんじゃないか」と感じたという。
貴乃花親方は集まった約100人の報道陣には無言で車に乗り込み、時間を置いて出した談話も「きょうは花田勝さんが施主ということで花田家の家族の一員として出席させていただきました」と冷静なもの。1年前とは違い、落ち着いた対応だった。一方の勝氏も報道陣に「ありがとうございました」と一礼しただけで寺を後にし、騒動再燃の気配は見られなかった。


ひとこと。

無視するほど嫌いな人なんていないけどなあ。
こういうのってなんか醜いですねえ。。。

"若貴兄弟:1年ぶり対面も会話なし(スポニチ2006年5月29日)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント