IL SOLE『太陽』

画像

先週発売されたクーリエジャポンの“世界が見たNIPPON”のコーナーに世界各地の映画祭に出品され話題を呼ぶも、いまだ日本未公開の作品『太陽』についての記事が載っていた。

監督はロシア人のアレクサンドル・ソクーロフだが、出演はイッセー尾形や桃井かおりと日本人が主体だ。それにもかかわらず、日本での公開は目処が立たず、配給業者や映画館主たちへの脅迫が起こっているらしい。また、果敢にも昭和天皇を演じたことでイッセー尾形は殺害の脅しを受けているとの話もあるとのこと。

記事を読んだ限りではそれほど問題のあるような中身ではなさそうなのだが、昭和天皇が神としての地位を捨て、人間になるというストーリー展開に違和感を感じているのだろうか???だとしたら、“日本人はなんてケツの穴が小さいやつらなんだ”と揶揄されても仕方ないよね。まっ、とにかくこの映画、観てみたいんだけど。。。

"IL SOLE『太陽』" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント