官房長官、米に抗議へ・牛肉危険部位混入で(日経:2006年1月21日)

<記事内容>
安倍晋三官房長官は21日、山口県下関市のホテルで記者会見し、米国産輸入牛肉にBSE(牛海綿状脳症)の危険部位が混入していた問題について「誠に遺憾だ。二度と起こらないよう米国にしっかりと(安全を)担保してもらいたい」と述べ、原因究明と再発防止を求めて厳しい姿勢で臨む方針を示した。
安倍氏はゼーリック米国務副長官と23日に会談する予定で、「強く遺憾の意を伝え、米国の対応をうかがいたい」と強調した。国務副長官との会談までに再発防止に向けた米国への要求項目をまとめる方針も明らかにした。
米国産牛肉の輸入を再開した昨年12月の政府決定について安倍氏は「米国がしっかりと検査をする条件での判断だから、あの段階では間違っていない」と述べた。
これに関連し麻生太郎外相は福岡県宮田町で記者団に「米国のチェック体制が甘いのははっきりしている。管理体制をどうするのかを聞かせてもらう前に再開の話はない」と述べ、再発防止策が確立されるまで輸入再開は急ぐべきでないとの考えを示した。


ひとこと。
何度も言うようだけど、米国産牛肉輸入再開を決断したのはおたくらでしょ!!米国のチェック体制が甘いのを読めなかったおたくらにも責任がある!!

経団連会長、トヨタの奥田氏ですらホリエモンを経団連への仲間入りをさせたのは“ミスった、早すぎた”と素直に認めているのに、おたくらはミスを認めないわけ?

これじゃあブッシュが“イラクが核を保有しているという情報は誤りだったけど攻め込んだ決断は間違いじゃなかった”と言ってるのと同じじゃないの?

"官房長官、米に抗議へ・牛肉危険部位混入で(日経:2006年1月21日)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント