米産牛肉、安全確認まで再び輸入停止・危険部位混入で (日経:2006年1月20日)

<記事内容>
農水省は20日、米国から輸入した牛肉に、脊柱(せきちゅう=背骨)が混じっていたと発表した。脊柱はBSE(牛海綿状脳症)の病原体プリオンが蓄積しやすい危険部位で輸入は禁止されている。政府は米国産牛肉の安全性が確認できないとして、同日付で米国からの牛肉の輸入を全面停止した。昨年12月の輸入再開からわずか1カ月で米国のチェック体制の不備が発覚し、日本での米国産牛肉販売の行方は再び不透明になった。
農水省は米国からの報告を待って輸入再開を検討するとしている。同日夕に中川農相からの報告を受けた小泉首相は「厚労相とよく協議し、米国にしかるべき対応を求め、日本も適切な措置を取るよう指示した」と記者団に語った。
今回見つかった脊柱を含む牛肉は、米食肉処理施設、アトランティック・ビール・アンド・ラムで処理され、同日に日本に届いた冷蔵牛肉41箱(約390キロ)のうち、3箱(約55キロ)に含まれていた。成田空港の検疫所で発見された。カットされた子牛肉のブロックに、背骨が付いたままの状態だったという。


ひとこと。
小泉首相が「厚労相とよく協議し、米国にしかるべき対応を求め、日本も適切な措置を取るよう指示した」と記者団に語っているけど、そもそも輸入再開を公表したのはおまえだろうが!!
米国にしかるべき対応云々より安易な判断で輸入再開発言をしたことに対して謝罪をするのが先ではないのか???

"米産牛肉、安全確認まで再び輸入停止・危険部位混入で (日経:2006年1月20日)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント