南京事件、ハリウッド映画に…メリル・ストリープ出演(読売新聞:1月18日)

<記事内容>
【上海=加藤隆則】旧日本軍による1937年の南京事件を題材にしたハリウッド映画の制作が決まり、来年12月の事件70年に合わせ、世界で同時公開されることが明らかになった。
18日付の上海紙「文匯報」が報じた。
同紙や制作協力する江蘇省文化産業グループによると、映画のタイトルは「南京・クリスマス・1937」で、当時、南京にいた米国人宣教師の目を通して、旧日本軍が行った中国人への殺害行為を描くストーリー。クリント・イーストウッドが監督を務め、同氏と「マディソン郡の橋」で共演したメリル・ストリープの出演が予定されている。
中国では旧日本軍が南京を包囲した12月13日を「南京大虐殺記念日」としており、70年にあたる来年は、各種行事が行われる予定。


ひとこと。
ここは是非クリント・イーストウッドに頑張ってもらい、旧日本軍が行った悪事を忠実に映像化してもらいたい。ただ心配なのが内容が内容なだけに日本で公開されるだろうか。。。

"南京事件、ハリウッド映画に…メリル・ストリープ出演(読売新聞:1月18日)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。