長谷川投手が現役引退-日米で15年、102勝(サンスポ:2006年1月23日)

<記事内容>
米大リーグ、前マリナーズの長谷川滋利投手(37)が23日、現役引退を表明した。所属事務所の吉本興業が発表した。
長谷川は昨季、シーズン中盤から重要な場面での登板がなくなり、1勝3敗0セーブ。11月にマリナーズから契約を更新しないと事実上の解雇通告を受けた。
日米の複数球団から誘われたが、長谷川は「マウンドで自分のモチベーションを保つことができなくなった。プロとして完ぺきなプレーができない限り、チームに迷惑がかかると思い、引退を決断した」とのコメントを発表。今後の活動については未定とし、記者会見の予定はないという。
長谷川は立命大からドラフト1位で1991年にオリックスに入団し、12勝9敗1セーブで新人王に選ばれた。97年、大リーグのエンゼルスに入団。2002年にマリナーズに移籍し、03年にはリリーフで活躍しオールスター戦に出場した。
通算成績は日本が142試合登板、57勝45敗4セーブ、大リーグでは517試合登板、45勝43敗33セーブ。


ひとこと。

この人、吉本興業に所属していたんだあ。。。15年間おつかれさん。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック